収益物件を購入するなら│サポート体制が整っている仲介会社を選ぶ

収益物件を選ぶコツ

男性

マンションなどの収益物件を購入する際、まず気にしなければいけないのは、その建物に入居者がくるのかどうかといったところです。初期投資額が低いからといって人口の少ない地方都市の建物を買ってしまい、賃貸としての需要があまりなく、入居率が低くなってしまっては初期投資額を回収するまでにまず時間がかかってしまいます。そのため、人口の多い大都市圏を狙うのは鉄則といってもいいでしょう。大都市であれば賃貸需要も高く、その分物件数も多くなっています。しかしその分首都圏などの大都市は地価も高く、初期投資の段階で結構な金額がかかってしまうこともよくあります。そういった際に狙い目になるのが、首都圏にアクセスしやすい地域になります。首都圏に比べると地価も抑えめとなり、初期費用を抑えて投資することができます。また、首都圏にアクセスがしやすければ、充分な賃貸需要が期待できます。また、物件には新築と中古といった2種類の物件があります。新築の収益物件は建設中に家賃収入が見込めませんが、首都圏や首都圏にアクセスしやすい地域などで新築物件を狙って購入することで、新築という付加価値から一気に入居者が入る可能性があります。中古物件の場合は新築物件に比べて物件の購入価格が安く、すぐに賃貸できるといったことが最大の利点となります。購入の際には、合わせて事業予定地や駐車場などをチェックし、将来的に大規模な建設物が立つ可能性があるところを選ぶことで、需要が一気に跳ね上がる場合などもあります。