収益物件を購入するなら│サポート体制が整っている仲介会社を選ぶ

賃貸保証会社の利用

婦人

一括借上げ契約を結ぶと、賃貸マンションを借りる側は借主に賃貸保証会社の保証に加入してもらう必要などが出てきます。この賃貸保証会社はマンションを借りる借主が家賃などを滞納してしまった場合に、連帯保証人に代わって貸主となる建物のオーナーへ立替払いをしてくれるサービスになります。貸主に代わって家賃の催促や集金を行ってくれるということになります。高齢化社会とも言われ、身寄りのない高齢者が増えている昨今では、このサービスのニーズが高まっている現状があります。また、あわせて経済状況の悪化で貸主としては家賃の滞納リスクを軽減することができますし、借主としては連帯保証人も不要となり、後から支払う必要は出るが緊急時に立替えてもらえるため、双方にメリットがあるサービスといえます。この賃貸保証会社の保証に加入する場合には審査がありますが、この入居申込み時の審査は家賃保証会社によって様々です。一般的には、借主に金融事故歴などがないか、一定の収入があるかどうかと行った確認などを行います。この際、貸主が何かをしなければいけないということはございません。一括借上げ契約を結んでいると、こうした賃貸保証会社も不動産会社が借主に紹介してくれる事が殆どです。そのため、一括借上契約を結んでいると、借主や貸主が賃貸保証会社を探す必要がなくなり、貸主と借主の間でのトラブルが起こる可能性もなくなるといった事も一括売上契約の利点と言えるでしょう。